東京の納骨堂サービスについて

subpage01

東京都には東京23区はもちろんですが、郊外にも仏教施設がたくさんあります。そのほとんどで通常のお墓とは違う納骨堂のサービスを提供しています。こちらのサービスには通常のお墓にはないサービスがあります。


通常のお墓の場合だとお誕生会やお彼岸会などの寺院側が主催する法要の際には供養してもらえないですが、納骨堂のサービスだとその時に供養してもらう事が出来です。
通常の供養ですが、通常のお墓の場合には管理を全て喪主側が行う必要がありますが、納骨堂のサービスを利用している場合には寺院側が管理してくれるので通常のお墓の場合よりもかなり楽です。

エキサイトニュースのサイトが登場しました。

喪主側が東京から離れた地方に住んでいる場合でも寺院側が管理するので、安心して任せる事が可能です。


お金も安い価格です。

幅広い分野の東京から高野山真言宗の情報を集めました。

通常のお墓の場合だと暮石代と土地代金を含めて500万円から1000円程度の価格がかかります。

信販会社のローンが利用できますが、月の支払いが10万円程度になる場合があり、金銭的にはかなりの負担が出てきます。

それに対して納骨堂の場合暮石代と管理費のみで50万円程度で済むので金銭的にもかなり楽です。

通常のお墓の場合檀家になるのが条件となりますが、納骨堂のサービスのみを受ける場合には檀家になることは強制されません。

しかし檀家になる事を希望したら通常のお墓を利用している人と同じように檀家になる事が可能となります。



寺院の機関紙を購読する事も可能となっています。